産業保健師の沼田

産業保健師とは

産業保健師は、企業が抱える従業員の健康問題全般をサポートいたします。
心身の健康状態がさらに悪化してしまう前に、早期の対応が可能です。
「学校の保健室の先生」のように、従業員にとって身近に健康相談ができる存在として、何でもお気軽にご相談ください。

・保健師=保健師助産師看護師法に定められている国家資格
・産業保健師=民間の企業に勤める保健師

看護師はけがや病気になった人を支えるのに対し、産業保健師は看護師の資格を持ちつつ、保健師として企業に勤め、従業員の健康を守ります。

具体的には…

  • 産業医面談の基準には達していないが、不調を抱えている
  • 健康診断の結果が気になる
  • 上司の立場からみて、不調が気になる社員がいる
  • 職場環境の変化 (在宅ワークの取り入れ、労働の長時間化など) により、メンタルヘルス不調者や体調不良者が増えてきた

業務風景

産業保健師は、産業医と企業をつなぐコーディネーター

企業担当者・従業員との“距離の近さ”を強みに、円滑な保健活動を可能にします。
従業員それぞれの健康状態を総合的に把握し、体調不良の早期発見、メンタルヘルスサポートなどのフォローアップへつなげます。
産業医や衛生管理者、企業の人事担当者とチームを組み、健康で安全な職場づくりをしていきます。

産業保健師による健康相談の実施

職場環境の変化(在宅ワークの取り入れ、労働の長時間化など)により、メンタルヘルス不調や体調不良を訴える方が増えています。
産業保健師による健康相談を、社内健康の維持にご活用ください。

【産業保健師によるサポートの例】
・月1回の訪問による保健指導
・メンタルヘルス不調者の相談
・職場環境改善に関する相談
・健康講話や健康教育等の情報提供
・メタボリックシンドロームの予防・生活習慣病の予防を目的とした、特定保健指導の実施

ページトップへ